モリンダジャパンビジネス

モリンダジャパンのはじまり

ノニがこの世で人々に様々な恩恵を与える「神からの贈り物」として認識されたのは、歴史を遡っていくと紀元前4000年にまでなります。

 

南の島でその土地に暮らす人々の間で大切に守られ、受継がれてきたノニが広く世に知られることとなるきっかけとなったのは、1955年、ラルフ・ハイニキー博士がパイナップルの研究から派生し、ノニの実に優れた健康増進作用があることを発見したことでした。

 

その後40年近くが経った1993年、食品科学者のジョン・ワズワース氏とハイニキー博士との出会いによって、ノニが現地の人々だけでなく、世界中の人々に恩恵を与えるものとなる為に商品開発が進められることになるのです。

 

この時、ノニの商品開発にいち早く名乗りをあげたのがタヒチアンノニ社なのです。

 

1996年7月、食品科学の知識やビジネスに対する優れた先見の明を持つ経営陣によってタヒチアンノニインターナショナルが設立され、ここからタヒチアンノニジュースの歴史も始まることとなったのです。